FC2ブログ
主に日常を、適当に書きなぐります。たまに全く違うジャンルがまぎれ込むことがあります。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
澱んだ世界
2020年09月27日 (日) | 編集 |
こんばんは、海李です。

三浦春馬さんのときもショックでしたが、今度は竹内結子さん。
第一線で活躍されてる方がこのような選択をされたことが、ただ驚きでしかありません。

当然のことですが、人によって出来事の捉え方、感じ方は違います。
ストレスは相対的なものです。
「遠い国の幼い子供たちはもっと苦労してる」なんてことを持ち出すのは見当違いもいいとこです。
隣家同士であっても価値観や環境は変わりますし、基準は異なるものです。
他人を他人の尺度で測っても、それは不適合なものであると思ったほうが良いでしょう。

一体何を以って生きていけばよいのでしょうか。
生きていることが奇跡のように思います。
しかし、生きていることがつらく感じることも多いです。
なぜこのようなつらい人生を送るために生きているのだろうと、些細なことから大きくとらえてしまう時もあります。
それは止められないし、未来につながる何かを見つけられなければ、その亀裂はやがて大きくなり、いずれ自分を飲み込んでしまうかもしれないと思えるものです。

少し納得がいかないだけで、積もり積もったことが爆発することもあります。
腑に落とせる場所とはどこなのでしょう?

探し続けて、もがき続けて、それに疲れたときは立ち止まるしかありません。
ただ、立ち止まることで足場が崩れてしまう人はどうすればいいのでしょう?

しっかり考えるほど、原因は、敵意を向ける相手は、結局自分しかいなくなるものなのです。

自分を貶め、呪いながら、光のある方へ、少しでも近づいて行く。
それしかないのでしょうか。


ではまた。
スポンサーサイト



Janetterが復活しない
2020年08月27日 (木) | 編集 |




こんばんは、海李です。

Janetterが落ちて5日ほど。
まだ復帰する様子がございません。

普段はJanetterを使っていますので、これが使えないとなるとなかなかTwitter生活も不便ですね。
かといって、他のクライアントに乗り換えようとも特に思わず。

公式のTweetDeckも使用していますが、登録できるアカウント数に制限ありますもんね。
Twitter公式で同時にログインできる数が5つまでなので、TweetDeckも5つのアカウントまでしか管理できませんし。
そこに収まり切らない分をJanetterで運用していたのですがねー。

どうやらTwitter側のなんやらで落ちているようで、Janetterの運営さまは復帰に奔走しているご様子で。
使いやすいアプリケーションを運営してくださって、こんな時も忙しく対応していただいて、頭が下がる思いです。

Twitterさん、Janetterはじめ他のクライアントも落ちているという話も聞きますから、お早めに凍結解除をお願いします。
一ユーザーより。

Janetterの早い復帰を祈りつつ。

ではまた。





海李アカウントの存在比重
2020年07月23日 (木) | 編集 |




こんにちは、海李です。

私はTwitterで海李という名のアカウントを持っているのですが、このアカウントはいったいなにをつぶやくためにあるのでしょう?
最近自分で少し持て余しているアカウントになっています。

白状すると私はこの海李アカウントの他に、鍵付きのプライベートアカウントなども持っています。
それらのアカウントは明確に目的をもって作ったアカウントなので、わりとしっかりと棲み分けが出来ています。
ただこの海李アカウントは、難しい。


実は少し前に、プロフィール欄をこっそりと変更しています。
他のアカウントではじき出されたジャンルのつぶやきなどをこちらで受け持っている感じです。

そんなわけで、以前と比べるとアカウントの運用方針は変わっています。
変わった時期は、1年ほどツイートしていなかった時期くらいからでしょうか。

さてさて、いまさら私のこのブログをわざわざ見に来ていくれている人なんていないでしょうし、初めて別垢のことを匂わせたわけですが。
まあ別に昨今、別垢なんてみんな持ってますしね。

てなわけで、他のアカウントでの運用比率があがったゆえ、海李アカウントの重要性は下がってきております。
ですがまあこちらでできたつながりも尊い物であって、手放すこともできません。
まだしばらくこの形でも運用は続くでしょう。

こんな感じのだらだらとした駄文を、今回の記事では書いてみましたw


ではまた。





飲料が大量にあるよう
2020年06月07日 (日) | 編集 |




こんにちは、海李です。

こちらのツイートについてつらつらと。



私は普段から眠気に弱いほうで、そして短時間睡眠などしてしまえば、仕事中にカックンカックンしてしまうわけです。
それはさすがによくありません。

といううことで考えたのカフェインを摂取すること。
多くの人が当然のことのようにコーヒーを飲みながら仕事をしたりしていますが、残念なことに私はコーヒーが苦手です。(香りは好きなんですけども)
最初の頃は緑茶を飲んでいました。
確かに緑茶にも多くのカフェインが含まれていて眠気覚ましの効果としては用は足りるのですが、これを思い立ったころは睡眠時間が足りず、それでも眠気に襲われてしまうことが頻発しました。

これはもっとカフェインを取らねばならない、と思ったわけです。
そして私はコーヒーに手を出すことを決意するわけですが、やっぱり苦手。
そこで思い出したのが、小さいころにコーヒー牛乳なら何度か飲んでいた、ということでした。
そこから派生してカフェオレなら飲めるのではと思い、それが功を奏しました。
カフェオレなら確かに飲めますし、眠気覚ましの効果を感じることが出来たのです。

そして各社から発売されているカフェオレを飲み比べて一番好みの味を見つけて、スーパーや自販機で買うよりも安いと、ネットで箱買いするようになったわけです。
そんなこんなで私の家にはコンスタントに缶カフェオレの箱が積まれます。
新しく届いたばかりなので、ツイートした時のような本数の缶カフェオレがうちにあるというわけなのです。


そしてもう一つ、緑茶のペットボトルのことですが。
こちらは上記の分から眠気覚ましとして購入されたとお思いでしょうがそうではなく。
ペットボトルについている応募券を48点集めたらプレゼントがもらえるというキャンペーンに応募するために、箱買いしたものです。
結局これが一番効率がいいものでね!


そんなわけで前回同様に、ツイートを抜粋してそれについてつらつらと語ったわけですが。
この方式いいですね。ブログの更新が楽…(笑)
今後、このような形で書くことが増えるかもしれません。

ではまた。






Nゲージに手を出し始めた話
2020年05月02日 (土) | 編集 |




こんにちは、海李です。

先日こんなツイートをしました。


はいはい、こちらはNゲージになります。鉄道模型です。
電源繋いでコントローラーで走らせられる、百貨店や大型ショッピングモールの模型店の店頭ディスプレイなんかでたまに見かける、風景を再現した箱庭模型の中を走り回っているあれです。

小さなころから気にはなっていたんです。
ですけど、これはとても高価なものなので、興味があっても踏み込まずにいた領域なんです。
ですが大人になるとある程度お金がありますし、まあ、本当に欲しいやつだけ、と財布のひもが緩んで、買ってしまうものでしょう? そうでしょう?
とはいえ実際のところは余裕資金なんてほぼないのに誘惑に負けて勢い購入してしまった形なのですが(笑)
ですが、うちにはそんな広いスペースもなく、資金も潤沢というわけではないので、買い集めるのは阪急京都線車両のみと縛りを付けています。
(が、おそらく堺筋線66系は最終的にお迎えすることになると思います)

現状は、2019年に出た鉄コレの阪急3300系冷房改造車と、2020年4月に出たKATOの9300系を手に入れています。
まだどちらもレールに乗せたこともありません。うちにはレールがないのです。
おじいちゃんから譲り受けたTOMIXのEF66+ブルートレインのスターターセットが実家にあるのですが、まだ取りに行けていません。
持ってきたとしても収納場所がないので、まずはそちらの確保からですね。

てなわけで、先日のツイートの話を改めて書かせていただきました。
今後はお金をためて、阪急京都線車両を集めていきたいです。
ちなみに、ディティールアップのための改造を施すつもりはありません。
他にもやりたいことがたくさんあって、そちらに手も回らないし、走らせられれば十分かなと。
まあ、いろんな方のブログやTwitterやらで、手を入れている阪急車両を見るとほれぼれしはするのですけども、そこはグッとこらえて。

なんか動きがあれば、またTwitterなりブログなりで、気が向いたら書くかもしれないです。

ではまた。